買った直後はトルクが足りない!

日々の面倒なゼンマイ巻きから解放される自動巻きの機械式時計。しかし、必ずしもゼンマイ巻きをしなくて済むというわけではありません。例えば、購入直後は時計を動かす動力が十分でないため、時刻や日付け、クロノグラフが狂いがちになります。完全に巻き上げる必要はありませんが、ゼンマイを巻いて動力を足してあげる必要があります。また、長期間使用せずに止まってしまっている場合も、しっかりとゼンマイを巻いてあげましょう。

状況によって毎日ゼンマイを巻く必要も…!?

自動巻きの機械式時計が正確に駆動するためには、一日12時間から16時間腕に装着して動かしている必要があります。これ以下の時間しか時計を装着しない人、もしくは仕事がデスクワーク主体で日々の動きが少ないような人では、自動巻き機構による日々のゼンマイの巻き上げが不十分になる可能性が高いと言えます。そのような人の場合は、無理に腕を振り回して動力を貯めようとはせず、寝る前などに10~15回ほどゼンマイを巻いて動力を足してあげるようにしましょう。

自動巻きの機械式時計で注意しておくべき点

機械式時計のゼンマイを巻く際、およそ全ての機種でスリップ機能がついているため、20回ほどまわせば空回りするようになります。自動巻き機能が付いている機械式時計はリューズからゼンマイに繋がる心棒が細くなっているものが多いため、あまり無理にゼンマイを回さないようにしましょう。また、特にデリケートな機構を内臓している関係上、時計を置く際は必ず文字盤を上にして置きます。できるだけ時計にかかる負荷を均一にするように心がけましょう。

ウブロの時計は、デザイン性と機能性を兼ね備えている製品が多いため、使い勝手の良さを実感しながらお洒落も楽しめます。