壁を緑化することで得られるメリット

庭に緑を置くと、なんとなく涼しい気分になりますよね。緑は見た目に良いだけではなく、その効果もしっかりとしたものがあるのです!温暖化対策に会社の屋上などに緑が設置されているのはよく聞きますが、実は他のメリットもあるのです。壁に緑を植えると、防音対策になることを知っていましたか?それも、普通の防音壁と同じくらいの防音効果があったのです。さらに、室内の温度が上がることを抑制してくれます。夏場はエアコンの省エネ対策にもなります。

壁に植える植物と植え方

植物にはツタのように自分で壁を登っていくタイプと、ヘデラのように上から下に垂れ下がるタイプのものがあります。どちらも補助なしで自分で成長していきますが、ワイヤーなどを使って格子状にしておいたり、ハートの形などにしておくと自分の好きなようにレイアウトすることができます。また、緑の苗を買ってきて100円ショップなどに売っているラックなどに取り付けるだけでもおしゃれな緑ができます。植える植物とアイデア次第でオリジナルの緑を簡単に作れるのも、壁面緑化の良いところですね。

壁面緑化に向いている植物とは?

青々とした緑は見ているだけで清々しい気持ちになれます。一般的には、一年中枯れることのない常緑植物を使って作ります。ヘデラ(アイビー)は壁面緑化の定番と言える植物ではないでしょうか。葉っぱも大振りで、立体的に生えるためこの1種類だけでも十分おしゃれな緑ができます。他にも、春に黄色い花の咲くカロライナジャスミンや初夏に白く小さい花が咲くテイカカズラ、夏に青みがかった花の咲くツルハナナスなど色味を足してみるのも良いですね。反対に、季節感を味わいたいときはあえて枯れてしまう植物を投入しても良いでしょう。

壁面緑化は建物の断熱性を向上できる利点がある一方、害虫の繁殖や花粉の飛散などを未然に防ぐ必要があります。周囲が不潔になると環境が悪化するので、こまめな点検と剪定が衛生状態を良好に保つ心得です。